Hospital in Morondava

マダガスカルの病院を見せてもらいにいきました。

最初の病院はPublicの病院で古いけれど大きな建物に小児科、産婦人科、外科、Emergencyがありました。

I went to see the public hospital in Morondava,Madagascar.

The hospital provides Pedatrics,Gynecology and general medicine.

It also has operation room and laboratory.

 

 

まずEmergencyを見て驚いたこと。

それは部屋に何もない事。

バイタルのモニターもない。

部屋の中にベッドがひとつ。

その周りでドクターやナースが集まってました。

 

I was shocked to see the Emergency room at the first,

Thay had nothing besides bed.

No monitor, any machine around the bed.

Only doctors and nurses and one patient was there.

 

オペ室。

器具は洗面器で1時間消毒して使うらしい。

 

Radiologyの部屋。

 

一般病棟。

 

日本だったら廃墟レベルの建物に、家族が集まって床に寝転んで団欒していました。

食事はもちろん出ないみたいで、家族が持ってきてました。

感染云々の問題は問題にならなさそう

 

General ward. Groups of family members gather in patients' rooms bringing meals for the patient(No meal service from hospital)

 

 

小児科では下痢になった子供が輸液しながら母乳を飲んでいたり。

入院の理由は事故と下痢が多いって言ってたけど、 逆を言えばそれ以上の事には対応できないってことなのかもしれない。

 

子供がすごく多い国やと思ってたけど

5歳未満児死亡率が100以上(対千)で、それは子供が大人になれないって事なんやと分かり、考えさせられました。

 

website)

世界の乳児死亡率 (マダガスカル53位 43/1000) http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2012_neonatal_infant_mortality_rate.php 

日本のマダガスカルに対する支援のことなど http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/kuni/10_databook/pdfs/05-39.pdf

日本は結構マダガスカルに対して経済支援をしてるみたい。

 

Write a comment

Comments: 1
  • #1

    ma (Monday, 25 March 2013 13:35)

    病院お供したかったー!